ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング最大手maneo撤退後はどこに投資するべきか

国内で初のソーシャルレンディング事業者と謳うmaneoですが、ずさんな経営が明るみになり、多くの投資家に被害をもたらしました。

2018年、2019年初頭と相次いで延滞が発生し、その不可解な理由によりmaneoおよびmaneoファミリーに対する信頼は皆無となっていることでしょう。

このような状況ではmaneo関係に投資する投資家がいなくなるのは時間の問題です。

maneoによって、被害を受けたソーシャルレンディング投資家は今後どこで投資をすれば良いのか・・・

信頼度の高いソーシャルレンディング事業者を調査してみました。

CREAL

CREAL は株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営する不動産投資専門のクラウドファンディングです。

2018年下期から運営を開始し、既に浅草のホテルなどをはじめとする大型案件で満額達成を記録しています。

ここの特徴としては、以下の3点が挙げられます。

クリアな物件情報

不動産投資では物件の所在地、立地環境、築年数などが投資家にとって重要な判断材料となります。

CREALでは物件の情報を隠すことなく、豊富なデータ、画像、動画を提供することによって、投資家にとって不利にならないような対策が取られています。

maneo等では資金調達者や関係事業者の情報などほとんど無い中で投資しなくてはなりませんでしたが、CREALではそのような心配をすることなく、十分な判断基準が提供されます。

少額投資、毎月分配

最小投資単位は1万円となっており、少額から投資を初めてみたい人にも可能となっています。

また、配当は毎月分配となっています。

実績十分の運営陣、高い信頼性が魅力

運営会社の株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは、既に運用資産残高約300億円の実績のある不動産アセットマネジメント会社です。

CREALは、不動産投資業界で実績のあるブリッジ・シー・キャピタルによって厳選された資産価値の高い物件のみを掲載しています。

某maneoのようなデタラメ評価とは違い、実績十分なCREAL運営陣であれば信頼性もある程度高いと思われます。

SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング大手のSBIソーシャルレンディングは、国内での実績は上位に位置し、投資家も多数存在する言わずと知れたソーシャルレンディング事業者です。

SBIソーシャルレンディングの特徴について説明します。

国内大手金融事業者であるSBIグループ所属

投資・資産運用に興味のある方であれば、SBI○○といった文言を目にしたことがあることでしょう。

SBIグループはSBI証券やSBIネット銀行などが有名で、その事業規模は国内でもトップクラスです。

そのSBIグループであるSBIソーシャルレンディングは、企業のネームバリュー、実績等から投資家に絶大な人気を誇ります。

抜群の信頼性

前述のとおり、SBIグループは国内での知名度が高く、一定の評価を得ています。

金融事業の実績も十分あり、利用者数、規模ともにトップクラスです。

そんな大手であるSBIグループ企業が経営しているとあって、社会的な信頼は多大なものがあります。

遅延が発生したことがあるが、早急且つ丁寧な対応

実はSBIソーシャルレンディングでは過去に返済遅延に陥った案件があります。

しかし、maneoとは違い、正当に評価された担保や、遅延発覚後の対応は大手の名を汚さぬよう、最大限の回収をしていました。

もし、投資した案件で延滞等が起こった際にはしっかりした対応をしてくれるソーシャルレンディング事業者でないと投資する気にもなりませんよね。

Funds

ソーシャルレンディングメディア大手であったクラウドポートが、メディア事業を売却し、自らソーシャルレンディング事業者としてFundsを設立しました。

2019年1月8日に投資家募集し始めたばかりで、その全貌は未知数ですが、 Fundsで扱うファンド組成企業は上場企業や監査法人から十分な監査を受けた企業などと、一定の水準をクリアした企業のみ取り扱う予定という。

参考:https://jp.techcrunch.com/2019/01/08/crowdport-launches-funds/

まとめ

上記で紹介したソーシャルレンディング事業者は透明性が高い、信頼性が高いとは言うものの、あくまでリスクは伴います。

我々投資家にも、事業者から開示された情報を理解し、評価する能力が必須になります。

ソーシャルレンディングを安易に勧めるものではありませんので、自身でしっかり調査し、興味があれば挑戦してみてください。